心理カウンセラー資格試験2

心理カウンセラー資格試験2

心理カウンセラーの資格である臨床心理士は、イメージとしては大変難しく合格率も低いのではないだろうか・・・と感じるのですが、内容は難しい事に違いはありませんが、合格率は意外にも高い事が驚きです。

 

臨床心理士の合格率は、一次試験は70〜80%、二次試験は60〜70%となっています。試験の難易度がそんなに高くないと評価されている事や合格率の高さは、受験資格に指定大学院を修了するという規定があるからといえます。そもそも指定大学院に入学しなくてはならないという点ですでにハードルが高く設定されています。大学院入学の際にすでにかなりふるいにかけられているといえますね。

 

臨床心理士の試験は年に1回、東京で行われます。試験は一次試験が10月上旬、二次試験は11月の第二週頃となっています。受験料は30000円と安くはありません。また合格すれば交付料として50000円が必要となります。

 

資格を取得した後は、それぞれの現場で心理カウンセラーとして活躍できますが、資格の取得者には女性が多くまた教育現場で働く女性が中でも多いとされています。教育現場のみならず、医療現場や福祉機関でも活躍が期待される資格ですので、受験資格のハードルが高いにも関わらず、毎年受験者数は3000人と多くなっています。