心理カウンセラーの資格の種類

心理カウンセラーの資格の種類

心理カウンセラーになるにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

心理カウンセラーというのは何か資格が必要なわけではありません。ただし相談相手になるのが好きだからといってもなれるものではありません。

 

求人の多くには、臨床心理士の資格が1つの目安として記載されています。心理カウンセラーの資格は国家資格ではなく、民間の資格例えば、英検のような資格と同じ分野になります。民間の資格ではあるけれども、同時に文科省から正式に許可されているのが臨床心理士の資格ですので、信頼のおける資格というわけですね。

 

心理カウンセラーになるためにはこれといって資格が絶対に必要というわけではありませんが、何も資格がないものの、並外れたカウンセリング経験があるといった場合でない限り、先述した臨床心理士の資格が心理カウンセラーになるために必要となってきます。臨床心理士の資格を持って、初めて心理カウンセラーの仕事を探し始める事ができるようわけです。

 

心理カウンセラーの資格で代表的なものといえば、臨床心理士になりますが、他の民間資格もあります。例えば音楽療法士、家族相談士、健康心理士、催眠技能士、交通心理士、臨床睡眠資格、福祉心理士などの資格があります。このように他にもたくさんさりますので、自分の専門をどれにするかという点で資格を絞っていくのもいいでしょう。