心理カウンセラーの資格って難しいのでしょうか?

心理カウンセラーとは

さまざまな悩みをかかえる人が多い現在、注目されているのが心理カウンセラーです。

 

心理カウンセラーとはどのような仕事なのでしょうか。

 

心理カウンセラーは、悩みをかかえる人に寄り添い、話を聞き、悩みや問題の解決にむけて一緒に歩む仕事です。心理カウンセラーは医師ではありません。医師ならば精神科医という方向が同じ方向になりますが、医師は治療を目的とする一方、心理カウンセラーは治療をするのではなく、あくまでも相談相手になるという事が目的になります。

 

人が抱える悩みは多岐に渡りますので、それぞれの分野で心理カウンセラーがいます。その分類は非常に多く、○○カウンセラーという名を聞いて、そんな専門カウンセラーもあるんだな。と驚く事もしばしばです。

 

心理カウンセラーには国家資格がありません。一方で民間による資格はたくさんあり、中でも臨床心理士という資格は最も知名度が高く、求人でもこの資格または同等の資格を求めるという記載を目にする事は少なくありません。一番ベーシックな資格といえます。

 

心理カウンセラーの仕事は常勤のものもあれば、非常勤のものもあります。今ではカウンセラーの必要性は認識されるようになってきましたが、それでも常勤での求人は少なく、故に収入も非常に高いレベルは望めません。しかし人に寄り添い、手助けをする事が自分にあっているのであれば、とても魅力的な仕事でしょう。

関連サイト

心理カウンセラーの資格とは・・・心理カウンセラーの主な仕事は、人の悩みを聞く事です。このサイトでは、心理カウンセラーの資格をとるための適切な通信講座を紹介しています。